忍者ブログ

素浪人の生存報告

カテゴリー「旅VII 山陽〜近畿〜東海」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月19日 ありがとう

いよいよ最終日。8時15分頃出発。ハマのKさんと東京のNさんに教えてもらった道を進む(方向音痴で縮尺14万分の1の地図しか持っていない私は自分の勘ではまともに帰れない)。
 通勤・通学の人達から、「なんだこいつは?」という視線を浴びながら、都会を行く。


多摩川を渡り、



 環状8号線に入った。片側3車線の大きな道路だが、幅員が狭い上に交通量が物凄い。頭がおかしくなりそうだ。恐ろしくて車道はとても走れない!こんな所、一生自転車で来たくない。

 仕方がないので歩道をちんたら漕ぐ。途中、台風の影響で雨雲が波状にやって来て、ずぶ濡れになったが気にしない。これが最後だから。
 横浜市~川崎市~世田谷区を通過し、杉並区に来て、とうとう埼玉県民の足・西武鉄道の線路にぶつかりホッとした。埼玉が近い。
 杉並区を抜け、埼玉のお隣、練馬区に入ると益々ホッとし、



 やがて埼玉県へ。ただ、この和光市は私の実家とは全く生活圏が異なるので、まだホームタウンという感じがしない。
 本格的「さいたま感」を得るには、そう・・・

 

 和光市から板橋区をかすめ、埼玉の1級河川・荒川を渡らねば。
 荒川を渡ってしまえばもうこっちのもの。首都高大宮線の下を走る大宮バイパスと、外環自動車道の下の国道298号は、歩道が充実しているのでスイスイ。
 そして、母が待つ実家へ到着。終わった・・・・・・。


 じわーっと嬉しく、寂しい。全国の皆様、ありがとう。






7月18日 茅ヶ崎市〜横浜市

 食パンしょうちゃんの出勤と共に私も出発。茅ヶ崎の海岸をのんびり進んだ。老若問わず、上半身裸の男性達が多数フラフラしていた。皆さんサーファーやね。
 海は茶色で汚いが、風は気持ち良いし、群れて馬鹿騒ぎする手合いもいないし、のんびり自由な雰囲気が良いねえ。この空気感は、日本でもここだけかもしれん。

 茅ヶ崎を過ぎて江ノ島が近付くと、人も店も増え、猥雑な街になった。毎年海水浴客で馬鹿混みする所ですな。道路も大分渋滞しとる。皆さん、混むとわかっている所によく行くよね。僕は元々人混みが苦手だけれど、今回の旅で田舎ばかりを回ってきたけえ、益々こぎゃあな街には行けなくなり申した。

 逗子あたりで道を間違えて時間を食いながらも、丘を越えて横浜市内に入った。横浜市内も交通量が多いし街はごちゃごちゃしているし、精神的にとても疲れる…。都会を50km走るよりも、田舎を100km走る方が楽だね。

 横浜市内で25km進むのに2時間以上かかり、15時頃ハマのKさんと1年ちょい振りの再会。この旅の最終宿泊地は、ハマのKさんのお宅なのであります。
 綺麗で広いお部屋にお邪魔し、ゆっくりさせてもらってから、夕飯は東京の焼肉屋に連れて行って頂いた。焼肉屋には東京のNさんも駆け付けてきて下さり、昨年6月末に知床を3人で走って以来の集まりである。ありがとうございます。

 さて焼肉屋さん、ナムルからして旨い。生涯最高のナムル入りました〜。今話題のユッケも頂きました〜。明日日本一周を終えるまで命がもてばいいや。



 この後スーパー銭湯にも連れて行って頂いた。もう、ごちそうになってばかりで本当に…


走行距離:60.6km
朝食:しょうちゃんちの家庭の朝ごはん
昼食:おにぎりとアメリカンドッグ1個ずつ
夕食:焼肉

7月17日 沼津市〜茅ヶ崎市

 朝風呂で足湯をしてから7時頃出発。そしたら右足首が非常に痛くなった。捻挫治ってなかったんだろな。ゴールまであと少しじゃけえ、頑張ってほしい。

 大抵の日本一周ルートだと、静岡から関東に向かう時は箱根を越えるか伊豆半島を回るかするのだろうが、楽をしたい私にとって、そんな道は糞食らえ。ゆるい登りで標高400m台の沼津〜御殿場ルートを選択。息が切れない程度に汗をかく運動。健康。

 御殿場を抜けたら神奈川県。神奈川から静岡方面へ向かう行楽の車で道が渋滞しております。人口過密地帯に入って参りました。嫌ですねえ…
 内陸の松田町から海側へ下り、国道1号で東へ。嫌悪していた1号だが、思いのほか走りやすかった。車の運転は都会的でいやらしくないし、道は片側1車線なれど幅員は十分だし。久し振りに良い道と出会い、心のシフトレバースポーツモードに入れて軽快に漕いだ。

 茅ヶ崎市で大学の同級生「食パンしょうちゃん」と再会し、おうちに連れて行ってもらった。回転寿司をご馳走になり、泊めてもらった…\(^o^;)/

7月16日 焼津市〜沼津市

7月15日の写真


大須賀海岸もしくは大浜海岸


西日本と東日本を分かつ大井川


 11時出発。何故か今日はやる気が出らん。そんな日もある。
 

海の上の道路を通れる大崩海岸

 やる気が出ないので、新日本三景の三保の松原も、静岡県の首都の静岡市もパス。暑いし、静岡は埼玉から近いし、観光する気にならん。

 沼津市に18時台に着いたが宿がない。何処も満室であります。仕方ないけえ、健康ランドへ。2100円+深夜料金1200円。高い〜。
 やけに人がいっぱいいて、湯も恐ろしく塩素臭かったが、まあまあ仕方ない仕方ない。


走行距離:80.6km
朝食:トマト、アンパン、おにぎり
昼食:冷奴360g、パン3個、コロッケ、牛乳500ml(食べ合わせが悪かったのか気持ち悪くなった…)
夕食:おにぎり1こ

7月15日 浜名湖~焼津市

 8:30出発。おらはいつも出発が遅いよなあ。

 国道1号(東海道)は糞ったれているので、海沿いの遠回りルートで焼津を目指すことにしたのだが、静岡県は愛知県のように道が広くなく、「ここは浦和か!」と思うような、狭くて交通量の多い道路もあった。まあ、途中にサイクリングロードもあったりして、通りやすい道と通りにくい道が交互に出てくる感じだ。

 海沿いの長所は車が少ないことなのだが、短所は日陰がないことだ。今日も日に射されながら、ただ漕ぎ続けた。

 途中、大須賀海岸と大浜海岸という所を通ったが、ここは海水浴客も少なく、天然のものと思しき砂浜が数km続く良い所だった。海水浴に来るならここだな。
 反対に、静波海岸は海の家があり海水浴客も沢山いて、低俗な雰囲気だった。波に向かっていちいち「キャー」と叫ぶ女が鬱陶しかった。キャーって言えば男から可愛いと思われると思ってるだろ?勘違いすんなよ。お前なんか可愛くないわ、このメス豚が!(声しか聞いてないけど)

 話題の浜岡原発の横も通った。原発のある御前崎市の国道は片側2車線で歩道も充実していたが、隣の牧之原市に入ったら、いきなり片側1車線・歩道無しになった。原発マネーが見えますなあ!


 今日は122.5km漕いだ。でも、紀伊半島と違ってアップダウンがないから、ヘトヘトになる程でもなかった。最早私はもやしっ子ではない!(関節はめっぽう弱いけど)
 宿は焼津市内のウィークリーマンション。


走行距離:122.5km
朝食1:バナナ4本
朝食2:牛丼
間食:冷奴360g
昼食:おろしハンバーグ定食
夕食:金ちゃんラーメン塩、冷奴550g、トマト、シルクエビス(がんばったのでちょっと贅沢した)

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新CM

[03/21 本多]
[03/20 daranai]
[01/25 本多]
[01/24 ハマのK]
[01/11 本多]
[01/04 ハマのK]

プロフィール

HN:
本多
性別:
男性
職業:
素浪人
自己紹介:
旅烏になり申す。

ブログ内検索

経県値

広告

PR
Copyright ©  -- 素浪人の生存報告 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ