忍者ブログ

素浪人の生存報告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7日目 5/12 長岡市中之島町~胎内市中条町

今朝は曇天時々晴れ間、出発!
…出発は相変わらず遅く、13:40くらい。喫茶店でおじさんに最後のコーヒーをごちそうになり、おじさん夫婦と喫茶店のあねさ方に見送って頂いた。

別れ際のおじさんとのやりとり。
「本当にお世話になりました!」
「何も恩に感じる必要はねえぞ。家族ができたら連れて来いよ!」
うう。涙をこらえながら、
「ありがとうございました!」
「ありがとうな!」
なぜおじさんがありがとうって言うんですか(TT)さようなら、またゆっくり来ます。

あとはただただ、漕ぐ。今日の目的地は胎内市中条町にある和菓子屋さん「みげつどう」。私が福島県でファンになった和菓子屋さん「太田屋菓子店」さん3代目の修業先だった所だ。旅に出てからは和菓子を食うのを我慢してきたので、みげつどうさんで封印を解きたい。地図で大体測って見たところ、70キロくらい先だ。

左から右への風(左車線を走っているので車に向けて流される)と車に神経を使いながらひた走る。空の晴れ間もなくなり、景色も魚沼地方の如き美しさもなく、今日は面白い要素がない。
19時までに着けるかな(多分大抵の和菓子屋さんは19時まで空いてる)、と思っていたが、着かない。70キロより遠かったようだ。暗い。雨も降ってきた。夜と雨天は漕がないと決めていた筈なのに、止まるふんぎりがつかない。かなり前から足の指がかじかんでいたが、体も凍えてくる。道路の気温表示は9度だ。
風呂に入らないと死ぬ。地図を便りに温泉宿を訪ねてみるが、今日はお休みなんです~、と言われた…。他の宿はないかと聞くと、車で10分程の所に「中条グランドホテル」があるらしい。
着いてみたら、何だか思ったより立派なホテルで高そうだ。田舎のビジネスホテルかと思っていたのに、結婚式も出来るグランドなホテルのようだ。小汚い格好では気が引けるし、何よりも高そうなのが気になる…
他の宿を探してみようと、本屋に行くことにする。何だか大道具を携えて本屋に行くのが恥ずかしいので、近くの郵便局に自転車を置くことにする。と、一台の郵便車が駐車場に入ってきたので、グランドホテル以外に宿はないかと尋ねた。すると、近くの中条駅前に「村上屋旅館」という宿があるとのこと。うん、きっと安いだろう。
少し強くなった雨に震えながら辿り着いた。安息を手に入れた…

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

最新CM

[03/21 本多]
[03/20 daranai]
[01/25 本多]
[01/24 ハマのK]
[01/11 本多]
[01/04 ハマのK]

プロフィール

HN:
本多
性別:
男性
職業:
素浪人
自己紹介:
旅烏になり申す。

ブログ内検索

経県値

広告

PR
Copyright ©  -- 素浪人の生存報告 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ