忍者ブログ

素浪人の生存報告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

62日目 7/15 壮瞥町〜八雲町

17日は元祖Kさんの函館の実家に泊まらせて頂くのだが、明日には函館に入ってしまえそうな、順調なペースだ。

昨日の天気予報では、朝9時まで洞爺湖では雨が降るはずだったのだが、降った様子はない。
そして、壮瞥町を出発して隣の豊浦町に入ったら本降りになった。しどい。
道の駅で雨宿りして、再出発。ここからが地獄だった。

アップダウンと、歩道のないトンネルの連続。勿論トラックがばんばん来る。トンネル内の車道を走るのは、自転車で旅していて最も憂鬱な時間だ。
車の列が途切れたのを見計らってトンネルに入り、必死で漕ぐ。焦燥と恐怖。後方のエンジン音を警戒し、いつも以上に聴覚が敏感になる。
どんなチャリダーも、トンネルは本当に嫌だと言う。まったく、トンネルを走るのは苦痛でしかない。

豊浦町は、トンネルが連続する最悪の町だった。トンネル内が登り坂だったり、鬼だ!
あの日高地方の霧とトラックとアップダウンの「比類無き最悪の道」に匹敵するものがある。

最後のクソトンネルを抜けて低い峠を下っている時、若いチャリダーとすれ違った。かわいそうに、彼はこれから地獄の道だ。
はあ、こっちは地獄が終わり(心底嫌だった)、海沿いの寂しい道を行き、長万部(おしゃまんべ)駅舎のベンチで食パンを食らった。


当初は長万部で泊まろうと思っていたものの、結局35km先の八雲町まで行き、なかなか良い温泉に入った後、無人駅で寝た。


この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

自転車の荷物すごいねぇ。重たそう。こりゃお仲間を見かけたら親近感も湧きそうだ。フラフープみたいな輪っかは替えのタイヤのゴム?そんなのまで持って走るのか・・。
  • from シミタツ :
  • 2010/08/04 (16:56) :
  • Edit :
  • Res

無涯

帯広でタイヤを仕入れたのですよ。これは結構うっとうしかったですね。
仲間を見かけると嬉しくなりますね。
  • from ほんだ :
  • 2010/08/05 (20:39) :
  • Edit :
  • Res

だんだん

逞しくなってきたみたいだねぇ~(笑)
母さん。。。訂正、姉さん嬉しいよ!!(*^_^*)♪
  • from okan :
  • 2010/08/05 (21:29) :
  • Edit :
  • Res

無題

おばさん、おれのモモとふくらはぎっを見よ!筋肉しかないよ、
  • from ほんだ :
  • 2010/08/05 (22:41) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新CM

[03/21 本多]
[03/20 daranai]
[01/25 本多]
[01/24 ハマのK]
[01/11 本多]
[01/04 ハマのK]

プロフィール

HN:
本多
性別:
男性
職業:
素浪人
自己紹介:
旅烏になり申す。

ブログ内検索

経県値

広告

PR
Copyright ©  -- 素浪人の生存報告 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ