忍者ブログ

素浪人の生存報告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

五日目 5/10  小千谷市~長岡市中之町

おじさんに朝ごはんをごちそうになり、昼のためのおにぎりと弁当ケースまで頂き、更にちょっと先の小千谷市の道の駅まで送っていただいて、お別れ。北海道に着いたら電話しよう。
道の駅には多分7時40分前後に着いたのだが、例によって準備に時間がかかり、出発は10時40分。てきぱきしゃきしゃきしている方に、この素浪犬のとろくささをお分けしたい。

急がずチャリンコこいで、小千谷市から15キロくらい北の長岡市に入った。小都市だろうと思っていたら、駅前はかなり商店街が開けていた。郡山の比ではない。ご多分に漏れず、現在はさびれているが、かつては相当な往来があったことだろう。

歩行者天国で小さな市が開かれていたので、市の人に声をかけられることを狙い、敢えて自転車を停めないで押して歩いた。
すると、革製品や骨董品を広げてある店の所で、白髪頭のおじさんから、「あんた何処から来た」と声をかけられた。埼玉からです、と答えると、「おお、前も埼玉から自転車で来た若いもんを泊めたことがあるよ」。話を聞いていると、おじさん自身も自転車で半周したことがあるらしい。だから「通ずるものがあるんだよ」だって。いいっすね、こういうの。
このおじさん、元はプロのキックボクサーであり、キックボクシングで大怪我をしてリハビリで始めた革製品作りの技術を磨いてプロボクサーを引退して三条競馬(新潟の地方競馬)の馬具職人になり、三条競馬が閉鎖になってからは財布やバッグ等の革製品を作り…その他、刃物研ぎ、生活用品の修理、空手道場、古物商、木彫り、ガラス彫り、競争馬を引き取って開いた乗馬クラブ等々、万屋としか表現のしようがない。趣味はパーソナル無線、アマチュア無線、コーヒー、お茶、山菜採って保存食作ったり、ヨーグルト・酢・醤油など作ったり…書ききれない。おじさんの言葉を引用。「人と違うことをやらなきゃ商売にならねぇ」「とにかく野性的に生きたいんだ(インディアンの影響を受けているらしい。インディアンと写ってる写真もあった)」「俺は道楽者だ」…
何でも出来る人です。書き切れません。一泊させて頂く。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

最新CM

[03/21 本多]
[03/20 daranai]
[01/25 本多]
[01/24 ハマのK]
[01/11 本多]
[01/04 ハマのK]

プロフィール

HN:
本多
性別:
男性
職業:
素浪人
自己紹介:
旅烏になり申す。

ブログ内検索

経県値

広告

PR
Copyright ©  -- 素浪人の生存報告 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ